グローリーナスカと北電子が初コラボ 新機能「遊動分析」発表

OLYMPUS DIGITAL CAMERAグローリーナスカと北電子は9月14日、都内墨田区の東京スカイツリーイーストタワーで合同記者発表会を開催し、来年1月より両社のシステム機器のコラボレーションによる新しい分析機能「遊動分析」を販売すると発表した。

この分析機能は、北電子のホールコンピュータ「VORFORCE(ボルフォース)」から得られる遊技台データと、グローリーナスカのICカードシステム「G8 EXSIM」と会員管理システム「P・BANK EXSIM」から得られる遊技客データを融合させ、入金、獲得出玉、精算、交換、貯玉、遊技人数、客単価、勝ち負けなど、これまで見えなかった遊技客単位の情報を数値化することによって「見える化」。カードIDなどを使った独自ロジック解析により、一般カードの遊技も含めてすべての遊技客の動向が把握できるものとなっている。また、顔認証カメラなどの機器がなくても遊技客の動向分析機能が導入できるのも特徴となっている。

導入ホールにおいては、機種のアウトが何人の遊技客から算出されたものなのか把握できるため、撤去候補台の選定など台入替の効率化が図れるほか、ホールコンピュータ側の遊技台集計には「大当体験率」や「プラス体験率」などの新項目が追加されたことで、今まで見えなかった顧客満足度も分かるようにしている。

さらに、遊技客数の把握によって、ホールが行う様々な施策の効果測定や台移動分析による機種の相関関係など、多種多様な分析なども可能にしている。

合同記者発表会でグローリーナスカの井寄義孝代表取締役社長は「これまでホールコンでは、遊技するお客様の人数や動向が掴めなかったという課題があり、会員分析としては、非会員のデータがなかなかとれないという課題があった。この二つの課題を『遊動分析』によって、全てのプレイヤーのデータを網羅することが可能になった。導入ホール様におかれては、低射幸性時代を迎えるにあたって新機能『遊動分析』が少しでもプラスになれば」と語った。

一方、北電子の小林友也代表取締役社長は「私どもは貸玉ユニットを持っていないので、大きなユニット市場を持っているグローリーナスカ様と共同開発できるということは、将来的にみても大変有り難いことだと思っている。まだ始まったばかりの共同開発だが、グローリーナスカ様との信頼関係を深めながら、さらに良い製品を提供できると信じている」と話した。今後のコラボレーションについて両社ともに「今後より信頼を深めていくことで今後の協力関係を強くしていきたい」と前向きな姿勢を示した。

なお当日は両社共催によるセミナーも開催され、業界ジャーナリストのPOKKA吉田氏、遊技産業未来研究所の中野忠文氏がそれぞれ約1時間にわたって講演。業界関係者およそ340名が聴講した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.