サミーがパチスロ新台、カイジシリーズ最新作をA+ARTで発表

回胴黙示録カイジ4筐体サミーはこのほど、福本伸行氏原作の人気作品をモチーフにしたパチスロ機の新機種「回胴黙示録カイジ4」をリリースした。

2008年に発表された「回胴黙示録カイジ2」のスペックを継承、進化させたという新機種は、ボーナスとARTが融合したゲーム性。合算確率1/198.6(設定1)〜1/145.0(同6)のボーナスと、初当り確率1/299.8(同1)〜1/294.9(同6)のARTが連鎖することによって出玉を獲得していく仕様だ。

ボーナスは出玉やARTへの突入期待度別に大別され、最も出玉が多い青7揃いのボーナスでは、288枚が獲得可能。ART発動およびストック期待度は70%超となっている。ARTは純増約0.3枚で、1セット30ゲーム+α継続し、セット数ストックなどで連チャン性が創出されている。

ホール導入予定は12月中旬から。

AT35権利表記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

AQUA 外観2(アーケード下)

都内月島のパチンコ店「AQUA」が海外建築賞受賞

2018/11/13

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年11月号

2018-11
主な記事:

必要となる高射幸性機の取捨選択、画一化がさらに進行か
高射幸性機の15%期限迫るなか6号機の市場導入がスタート

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年10月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.