試打の模様サミーは5月30日、都内上野のショールームでパチンコ機「ぱちんこCR七つの大罪」およびパチスロ機「パチスロ蒼き鋼のアルペジオ−アルス・ノヴァ−Mental−Model ver.」の新機種内覧会を開催した。
 
少年マガジンで連載中のヒロイックファンタジーコミックで、単行本累計2,800万部を突破した人気作品とのタイアップ機となったパチンコ機は、初当たりがすべて15Rフル消化で、約1,800個の出玉を獲得できるのが特徴。大当たり終了後の「SEVEN RUSH」突入率は50%で、右打ち中はアタッカー内のV入賞を狙う1種2種混合のゲーム性もポイントの一つとなっている。大当り確率は1/319.7。時短振り分けは、7回、14回、99回の3段階で抽選される。
 
(C)鈴木中・講談社/「七つの大罪 戒めの復活」製作委員会・MBS
(C)鈴木中・講談社/「七つの大罪 TVSP」制作委員会・MBS
(C)鈴木中・講談社
(C)Sammy
 
一方のGRT第三弾となるパチスロ機は、250枚、200枚獲得のBB、および50枚、60枚獲得のRBを搭載したノーマル+RTタイプ。RTは50G+α、100G、そして次回ボーナスまでの継続が期待できる3種類を用意。GRT第一弾の内容を踏襲しながら、大当たりと継続の楽しさを両立させたゲーム性が大きな特徴で、新規作画や楽曲フル開放などGRTタイプ専用の新要素も魅力の一つとなっている。
 
(C)Ark Performance/少年画報社・アルペジオパートナーズ
(C)Sammy

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.