セガサミー、韓国IR施設の着工を開始

セガサミーホールディングスはこのほど、韓国でカジノ施設などを運営するパラダイス社と設立した合弁会社を通じてかねてより準備を進めていた、韓国初となるカジノを含む本格的統合型リゾート(IR)「パラダイスシティ」の建設工事を11月20日に開始したことを発表した。2017年上期開業を予定している。

パラダイスシティは、アジア最大規模のハブ空港として年間旅客数4,167万人を誇る仁川国際空港から徒歩10分の距離に立地。330,000㎡の敷地内に、711室のラグジュアリーホテル、デザイナーズホテル、韓国最大規模の外国人専用カジノ、商業施設、コンベンションホールなどを備え、大人から子供まで全ての人が楽しめる韓国初の本格的な統合型リゾートになるという。

同日開催された起工式には、韓国側から仁川広域市の劉正福(ユ・ジョンボク)市長ら、政財界から多数の来賓が訪れ、日本側からは、在韓日本大使館の別所浩郎特命全権大使をはじめ、ソウルジャパンクラブの石山博嗣理事長、セガサミーの里見治会長兼社長など、総勢400名が参加するなかで執り行われた。

起工式で里見治会長兼社長は、「パラダイスシティはアジアのハブ空港として存在感を増す仁川国際空港とともに、北東アジア地域における中心的な存在として大いなる発展を遂げ、韓国の観光産業を牽引するものと確信している。2017年、世界に誇れるパラダイスシティを開業し、この地で感動と驚きをもって皆様をお迎えすることを約束する」と挨拶。一方、パラダイス社の田必立(チュン・ピルリップ)会長は、「私たちは、文化や芸術、そして人々の日々の生活に真摯に向き合いながら、時代が要求する真の統合型リゾートを建設していく。パラダイスシティは、産業と文化を融合させ新しい付加価値を作り出す“創造経済”実現の方向性を提示し、他に類を見ない新しい価値を創出するルネッサンス空間となる」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.