セガサミー決算、パチスロ新試験方式の影響濃く

セガサミーホールディングスは5月11日、平成27年3月期の通期決算を発表した。

それによると、売上高は前期比6.1%減の3549億2,100万円、営業利益は同54.3%減の176億900万円、経常利益は同58.1%減の169億9,300万円、最終損失は112億5,800万円の減収減益となった。昨年9月からの保通協パチスロ新試験方式導入により、新台タイトル数が前期比で減少したことなどが響いた。

次期は、売上高同18.3%増となる4,200億円、営業利益同42.0%増の250億円、経常利益同47.1%増の250億円、最終利益190億円と黒字転換を見込んでいる。

このうち遊技機事業では、パチスロ機で同9万3,747台減となる20万7,828台、パチンコ機が同4万2,622台増の24万2,847台を販売。売上高は、同18.0%減の1,492億2,400万円、営業利益は同43.0%減の257億9,600万円となった。次期については、パチスロ機26万5,000台、パチンコ機22万台の販売を計画している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

21世紀会依存問題フォーラム

21世紀会主催で初の依存問題フォーラム

2019/5/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年5月号

2019-5
主な記事:

中規模店舗も減少傾向に 規模の大小問わず厳しい展開へ
遊技場数は23年連続で減少 減少率も拡大し業容の縮小に一層の拍車

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.