セガサミー決算、パチスロ新試験方式の影響濃く

セガサミーホールディングスは5月11日、平成27年3月期の通期決算を発表した。

それによると、売上高は前期比6.1%減の3549億2,100万円、営業利益は同54.3%減の176億900万円、経常利益は同58.1%減の169億9,300万円、最終損失は112億5,800万円の減収減益となった。昨年9月からの保通協パチスロ新試験方式導入により、新台タイトル数が前期比で減少したことなどが響いた。

次期は、売上高同18.3%増となる4,200億円、営業利益同42.0%増の250億円、経常利益同47.1%増の250億円、最終利益190億円と黒字転換を見込んでいる。

このうち遊技機事業では、パチスロ機で同9万3,747台減となる20万7,828台、パチンコ機が同4万2,622台増の24万2,847台を販売。売上高は、同18.0%減の1,492億2,400万円、営業利益は同43.0%減の257億9,600万円となった。次期については、パチスロ機26万5,000台、パチンコ機22万台の販売を計画している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.