セガサミー決算、パチスロ新試験方式の影響濃く

セガサミーホールディングスは5月11日、平成27年3月期の通期決算を発表した。

それによると、売上高は前期比6.1%減の3549億2,100万円、営業利益は同54.3%減の176億900万円、経常利益は同58.1%減の169億9,300万円、最終損失は112億5,800万円の減収減益となった。昨年9月からの保通協パチスロ新試験方式導入により、新台タイトル数が前期比で減少したことなどが響いた。

次期は、売上高同18.3%増となる4,200億円、営業利益同42.0%増の250億円、経常利益同47.1%増の250億円、最終利益190億円と黒字転換を見込んでいる。

このうち遊技機事業では、パチスロ機で同9万3,747台減となる20万7,828台、パチンコ機が同4万2,622台増の24万2,847台を販売。売上高は、同18.0%減の1,492億2,400万円、営業利益は同43.0%減の257億9,600万円となった。次期については、パチスロ機26万5,000台、パチンコ機22万台の販売を計画している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【日遊協令和2年度総会における警察庁保安課長講話】

2020/6/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年7月号

主な記事:

附則改正で経過措置期間が延長 異例づくめのコロナ対応
長期化する休業要請で揺れた都遊協の苦悩と決断
上場メーカーの決算出揃うも業績見通し示せず
感染防止対策の徹底を要請、実効性は店舗間で温度差も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年6月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.