セガサミー決算、北斗転生のヒットが牽引

セガサミーホールディングスは5月9日、平成26年3月期の連結決算を発表した。

それによると、売上高は前期比17.6%増となる3,780億1,100万円、営業利益は同102.0%増の385億3,300万円、経常利益は同93.8%増の405億3,100万円、最終利益は同8.2%減の307億2,100万円となった。最終利益の減益分は、一部欧米子会社を精算した事などによる特別損失87億8,200万円を計上したことが要因だという。

うち遊技機事業は、売上高で前期比27.4%増となる1,819億8,400万円、営業利益は同92.4%増となる452億9,200万円と、大幅な増収増益となった。パチスロ北斗の拳転生の章を11万4,000台販売したことをはじめ、パチスロ機販売が前期実績を大きく上回るなど好調だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

10月のホール企業採用熱、過去5年の同月比で一番高い数値に

2019/11/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.