セガサミー決算、売上微減も黒字回復

セガサミーホールディングスは5月13日、平成28年3月期の通期決算を発表した。

それによると、売上高は前期比5.1%減の3,479億8,100万円、営業利益は同0.7%増の176億1,700万円、経常利益は同2.8%減の164億900万円となり、最終損益は、前年同期のマイナス113億7,500万円の赤字から、53億6,900万円の黒字へと回復した。

このうち遊技機事業の業績は、売上高が前期比12.7%減となる1,334億700万円、営業利益は同16.4%減の215億4,800万円の減収減益。販売台数は、パチスロが同32%減の14万2,337台、パチンコが同18%減の19万9,014台となった。

同社では遊技機事業について、パチスロのビッグタイトル以外での販売が低調に推移したことに加え、パチンコは、構造改革に伴う一時的な影響や、前期に発売した北斗の拳6の反動減が生じたなどとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

21世紀会依存問題フォーラム

21世紀会主催で初の依存問題フォーラム

2019/5/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年5月号

2019-5
主な記事:

中規模店舗も減少傾向に 規模の大小問わず厳しい展開へ
遊技場数は23年連続で減少 減少率も拡大し業容の縮小に一層の拍車

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.