ニューギンがパチンコゴジラで新台、出玉と遊びやすさのバランスを追求したST機

ゴジラニューギンはこのほど、幅広い層に高い認知度を有する特撮怪獣映画「ゴジラ」をモチーフにしたパチンコ機シリーズの新作となる「CR真・怪獣王ゴジラL-KH」の内覧会を都内のショールームで行った。

スペックは、大当り確率1/289.98(高確率1/66.60)のV確ST機(104回)。ST機ながら特図1大当りでの確変突入率を65%とすることで、非確変大当り時でも11Rの出玉を得られるほか、初当り確率1/300を切る設計にするなど、出玉と遊びやすさのバランスが追求された仕様となっている。

一方、右打ちとなる特図2大当り時は、16R確変が52%で、4R確変が30%、残りが4R通常となる。また、全ての大当りに電サポ100回が付随する。

懐かしの特撮映像に加え、巨大な導光板と可動役物が連動した迫力溢れる演出群もみどころの一つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

旧規則パチンコ・パチスロ機の経過措置を変更した改正法が施行

2020/5/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年6月号

主な記事:

新型コロナ禍で各地のホールに休業要請 開店ホールも多く混乱
要請無視のホールにマスコミが殺到 業界へのバッシングが加熱

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.