ニューギンが新機種「CRサイボーグ009 VS デビルマン」全国内覧会

009VSデビルマンのコピー

東京支店内覧会の様子

ニューギンは1月9日から、新機種「CRサイボーグ009 VS デビルマン」の内覧会を全国の支店、営業所において順次開催した。

「サイボーグ009 VS デビルマン」は、「サイボーグ009」の作者、石ノ森章太郎氏のチーフアシスタントをしていた永井豪氏が、石ノ森作品とのコラボを構想していたことで実現した企画。2015年10月には映画が制作され、イベント上映という形式で期間限定で公開されている。
 
スペックは大当り確率1/319.6の確変ループタイプで、16R大当り割合は約60%。16R大当り後に突入する「W-HERO RUSH EXTREME」は30秒間の「無敵ゾーン」となっていて、大当り獲得できれば爽快感が加速する仕組みとなっている。
 
さらに同機は、映像面や音響面、バイブレーションのクオリティが過去最高レベルにまで引き上げられているのも大きな特徴。多層のパネルによって裸眼でも自然な奥行きが感じられる立体3D映像に加え、サラウンド効果によって効果音やセリフ、楽曲がプレイヤーを包み込むダイナミック立体音響、そしてチャンスに合わせて連動する衝撃バイブレーションは、立体映像と体感を合わせた3D+1の「NEO 4Dシステム」と名付けられ、迫力満点の演出を展開する。
 
CRサイボーグ009 VS デビルマン/ニューギン
http://www.newgin.co.jp/pub/machine/009_vs_devilman/
 
CRサイボーグ009 VS デビルマン PV
https://youtu.be/CY2rPHl-GxE

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.