パチスロ「花の慶次」最新作がA+ARTで登場

慶次筐体web内用ニューギングループのエキサイトはこのほど、同社ブランド初となるパチスロ機「戦国パチスロ花の慶次〜戦極めし傾奇者の宴〜」をリリースした。

ヒットタイトルの最新作で、シリーズ第3弾となる新機種は、初代のゲーム性を継承しながら、新たなゲーム性を数多く搭載した意欲作。スペックは、ボーナスとARTが連動して出玉を獲得していく仕様だ。

出玉のカギを握るARTは、1ゲーム純増約1.6枚で、初期ゲーム数変動型。ART発動時は、ゲーム数の上乗せゾーンからスタートする仕組みとなる。またARTの継続時にも、上乗せゾーンを経由する仕組みとなっているため、継続するたびに期待の持てるゲーム性となっている。

連チャン性は約50〜80%の継続率抽選と、ゲーム数の上乗せで創出。純増1.6枚のARTながら、AT機に匹敵する出玉期待感を有する瞬発力が売りだ。なかでも、どこからでも突入する可能性のある上乗せ特化ゾーン「天武の極」は、毎ゲーム3ケタ上乗せが約75%でループする仕様になっている。

全面液晶と可動液晶が連動する専用筐体を採用した演出面では、登場武将ごとに異なる出玉期待度の描写などによってプレイヤーの高揚感を刺激。連チャン演出を表現するパチンコ版慶次でお馴染みの城門演出も、もれなく搭載されている。

ボーナスの獲得枚数はBBが204枚でRBが54枚。BB当選時にはおよそ50%の確率でARTが発動する仕組みになっている。

©隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/NSP1990 版権許諾証YSA-227

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.