パチスロ市場にザン社が新規参入、第一弾パチスロを発表

米ネバダ州ラスベガスに本社を構えるZANN CORPORATION.(ザンコーポレーション、
zann-asia.com/)は7月2日、都内台東区の上野ターミナルホテルで、パチスロ市場への新規参入第一弾となるパチスロ機「ガリンポ-30」(エマ製)をプレス発表した。

同社は、香港でカジノ船クルーズ事業を運営しているほか、カジノマシンの企画開発などを手がけているという。今回の市場参入によって、将来的には日本のパチスロ機を海外カジノに設置することを目指すとしている。  

発表された新機種は、ゴールドコインが描かれたシンボルマークが特徴的な、沖縄仕様のノーマルタイプ。完全告知機能を搭載し、ボーナスはBBが純増270枚、RBが同90枚獲得できる。また、機種名のガリンポは、ポルトガル語で「金鉱、金脈」を意味するという。

挨拶した同社の近藤克彦社長は、「これまで、日本のパチスロの技術を世界に広めたいという思いでやってきた。今回の機種は、パチスロをカジノ風にしたもの」と新機種を紹介した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.