パチスロ6号機ジャグラー、「変わらない」を主眼にBB約252枚のノーマル機で今春デビュー

北電子は1月7日、今春のホール導入が予定されている6号機版ジャグラー最新作となる「アイムジャグラーEX」を都内港区のコンラッド東京でプレス発表した。

新筐体を採用した新機種は、5号機ジャグラーと変わらない感覚でプレイできることを主眼に開発。1回あたりのBB獲得枚数は微減したものの、メダル50枚あたり約40ゲームプレイできる遊び率で設計されていることから、BB1回の獲得枚数で5号機同等の回転数を遊技できる仕様が実現されている。

ボーナス確率は、BBが1/273.1(設定1)〜1/255.0(同6)、RBが1/439.8(同1)〜1/255.0(同6)、出玉率は97.0%(同1)〜105.5%(同6)。このうち、出玉率に関しては、5号機版アイムジャグラーEXの設定6の数値である105.2%を上回るスペックとなっている。大当りの出玉は、BBが平均獲得約252枚、RBが同96枚だ。

冒頭に挨拶した同社の小林友也社長(=写真)は新機種について、「遊技業界が新しい時代を迎えるにあたり、新基準機ジャグラーの開発は、原点回帰と新たな楽しさの追求を妥協することなく徹底的に行なった。安心、スタンダードに加え、時代を切り開くという期待を込めて、新基準機ジャグラーの第1弾はアイムジャグラーEXとした。パチスロに関わる全ての皆さまに、納得頂ける完成度に仕上がっている」と自信を示した。

©KITA DENSHI

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年10月号

主な記事:

依存問題で都遊協が研究助成する早野論文は「Scientific Reports」に掲載
基本法に基づく初の実態調査が公表 業界に求められる調査結果の検証姿勢

早野慎吾教授に聞く「ギャンブル等依存調査」の課題と方向性

ダイコク電機がWeb展示会&セミナー
トレンドを見極めた効率的な投資が必要

「みんなのパチフェス」生配信 視聴回数は124万回超に

MIRAIが「広告宣伝ルールの在り方」で公開経営勉強会

空きスペースが利益を生み出すホール駐車場の有効活用

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑨ 全日遊連理事長 阿部恭久氏
遊技通信創刊70周年記念対談 ⑩ 日遊協会長 西村拓郎氏

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.