フィールズが新台パチスロで説明会、最高確率1/99.9を実現したノーマルタイプ

バイオハザードフィールズは9月21日、人気ゲームをモチーフとしたパチスロ機の新機種「バイオハザード イントゥザパニック」(スパイキー製)のプレス説明会を都内上野の同社東京支店ショールームで開催した。

スペックは、基本的にボーナスで出玉を増やすノーマルタイプ。ボーナスの獲得枚数はスーパーBBが最大310枚、BB同232枚、RB同102枚となっている。仕様面では、設定6でボーナス確率1/99.9、出玉率115.3%が実現されているという。

演出は、ゲームの世界観が液晶描写で表現されるとともに、その液晶ユニットが激しく可動することで、ボーナスチャンスとなる点が特徴となっている。

©CAPCOM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. ©Spiky

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

経営者研修会全景

都遊協が遊技場経営者研修会

2018/10/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.