ボーナス図柄の視認性を高め、沖スロがより遊びやすく

IMG_6630パイオニアは2月4日、都内上野の同社ショールームでパチスロ機の新機種「ユルビスカス-30」の内覧会を開催した。

同社お馴染みのハイビスカスランプによる告知機能を搭載した沖縄タイプとなる新機種は、ボーナスのみで出玉を増やすノーマルスペック。ボーナス図柄の視認性を高めることで、初心者でも目押しを楽しみやすい仕様となっている。

新たなフラグ察知機能としてタッチセンサーを活用しているほか、リールアクションを伴う多彩な告知演出も見所の一つ。ボーナスの獲得枚数は、BBが純増約312枚、RBが同104枚となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

高射幸性機の自主規制問題で混乱 全日遊連が情報管理の徹底を要請

2019/10/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年10月号

2019-10
主な記事:

入替対象は年末までにおよそ20万台、6号機市場移行への試金石に
確実視される売上の減少 旧規則パチスロ機の撤去本格化へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.