マルホン工業が民事再生法の適用を申請

遊技機メーカーのマルホン工業(本社/愛知県春日井市・和泉靖社長)が3月12日、名古屋地裁に民事再生法の適用を申請した。民間調査機関によると、負債総額は2014年6月期末時点で約73億円。
 
同社は1950年(昭和50年)に創業。ピークとなる2002年には売上約336億円を計上していたが、2014年6月期の売上高は約60億円に留まり約25億円の損失を計上するなど、3期連続の赤字決算となっていたという。遊休資産の売却などで立て直しを図っていたが、一部取引先からの支援が受けられなくなったことから資金繰りの目処が立たなくなり自主再建を断念。民事再生法による再建を目指すかたちとなった。

今後については、協力を得られる企業を募る可能性もあるが、具体的な方向性については未定だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連 高射幸性回胴式遊技機の設置比率を再設定

2019/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.