ユニバーサルが業績予想を下方修正、営業赤字に転落

ユニバーサルユニバーサルエンターテインメントは12月14日、平成30年12月期(平成30年1月1日〜平成30年12月31日)の通期業績予想を下方修正した。

それによると、売上高は当初予想比37.8%減となる927億円、本業の儲けを示す営業損益は62億円の黒字から、マイナス197億円の赤字へと転落する見通し。経常利益は当初予想比5.4%減、通期純利益も同9.2%減少する。

下方修正の理由について同社では、「新規則のもとでの機械適合が遅れたことにより、国内のパチスロ、パチンコ事業の販売が来期にずれ込んだこと、フィリピンにおけるカジノリゾート事業は順調に売上、利益を伸ばしてきているものの、結果として計画を下回った」などとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2022年1月号

主な記事:

騒音障害防止対策ガイドライン見直し
「遊技場の顧客対応作業」も対象か

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.