ユニバーサルの「ファミスロ」第2弾は、往年の野球ゲーム「ファミリースタジアム」がモチーフ | パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web

ユニバーサルの「ファミスロ」第2弾は、往年の野球ゲーム「ファミリースタジアム」がモチーフ

SLOTファミスタユニバーサルエンターテインメントは7月24日、都内千代田区のe-sports SQUARE AKIHABARAで、パチスロ機の新機種「SLOTファミリースタジアム」(メーシー製)の記者発表会を開催した。

新機種は、バンダイナムコエンターテインメントとのコラボレーション企画で始動した往年の人気ゲームをモチーフにパチスロ化するという「ファミスロ」シリーズの第2弾。今作では、1986年に発売された大ヒット野球ゲームの「ファミリースタジアム」を採用し、ボーナス+RT機に仕上げた。

ボーナスはBBとRBの2種類。BBは最大獲得枚数304枚で、RBは同108枚、両ボーナスともに技術介入要素が盛り込まれている。ボーナス後にはもれなくRTが発動。BB後のRTは30ゲーム固定だが、RB後のRTはゲーム数が不定となっており、チャンスリプレイを引くまで継続する仕様だ。

また、点が入ればボーナス確定という分かりやすいゲーム性ながら、1GRTを搭載することで、演出に期待感をもたせているほか、リーチ目総数2,700通り以上という、こだわった出目も見どころの一つだ。

発表会冒頭に挨拶した同社開発本部マーケティング部の長谷川崇彦部長は、「リール配列は花火を意識し、リーチ目やRTからの疑似連をじっくり作り込んだ」と新機種をピーアールした。

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc. ©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

警察庁外観

警察庁生活安全局長に白川氏

2018/8/9

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年8月号

2018-8
主な記事:

大手以外でのPB機導入が増加傾向、新規則機でも浸透するか
需給の関係性に生じる変化 再び拡がり見せるPB機

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年7月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.