三洋物産が新枠採用した「沖海4」を発表

IMG_7842 のコピー三洋物産がパチンコ新機種「CRスーパー海物語IN沖縄4」を発表し、8月23日より全国の支社、営業所で展示会を開催した。

海シリーズのなかでも特にファンの支持を受けている沖海の最新作で、海シリーズ専用となる新枠「マリン シェル」を採用した。15.6インチワイド液晶を搭載したほか、沖海3でお馴染みの3つの演出モードに新たに一発告知がメインとなる「ハイビスカスモード」を加えるなど、随所にスケールアップを図っている。

スペックは大当り確率約1/319.6、確変突入率60%、時短100回転、出玉のある大当りは全て16Rとなっている。

また、同機は新枠対応のほか、スペックは同じでイルミオ枠に対応したシリーズ機も用意されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

みんなのパチンコ

日工組が「みんなのパチンコフェス」の開催を発表、「連れパチ」テーマに来年2月秋葉原で

2018/12/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年1月号

2019-1
主な記事:

女性社員を対象にしたキャリアパスの複数化など昇進制度の柔軟な見直しを
ホール企業で拡がる女性管理職育成制度

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年12月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.