三洋物産が新枠採用した「沖海4」を発表

IMG_7842 のコピー三洋物産がパチンコ新機種「CRスーパー海物語IN沖縄4」を発表し、8月23日より全国の支社、営業所で展示会を開催した。

海シリーズのなかでも特にファンの支持を受けている沖海の最新作で、海シリーズ専用となる新枠「マリン シェル」を採用した。15.6インチワイド液晶を搭載したほか、沖海3でお馴染みの3つの演出モードに新たに一発告知がメインとなる「ハイビスカスモード」を加えるなど、随所にスケールアップを図っている。

スペックは大当り確率約1/319.6、確変突入率60%、時短100回転、出玉のある大当りは全て16Rとなっている。

また、同機は新枠対応のほか、スペックは同じでイルミオ枠に対応したシリーズ機も用意されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.