上場遊技機メーカー決算、業績に明暗

主な上場遊技機メーカーの平成30年度3月期の決算が5月11日までに出揃った。遊技機販売が堅調に推移したSANKYOと藤商事が増収増益となる一方、他メーカーでは、全体的な業況の低迷を受け、厳しい決算となっている。

増収増益となったSANKYOでは、売上高が前年度比5.9%増の862億2,000万円、営業利益は同101.2%増の101億8,100万円と大きく利益を伸ばした。藤商事も、売上高が同58.8%増の523億1,400万円、営業損益は前年度のマイナス22億7,100万円の赤字から、45億200万円の黒字へと、赤字決算から一転、増収増益となった。

その一方、遊技機販売が伸び悩んだ他メーカーでは厳しい業績となった。

セガサミーの遊技機事業では、売上高が28.7%減の1,056億4,900万円、営業利益は同54.7%減の119億2,300万円、平和の遊技機事業では、売上高が同52.3%減の515億5,200万円、営業利益は同75.8%減の71億4,900万円となった。またオーイズミも、売上高が同13.8%減の111億1,900万円、営業利益は同96.7%減の2,400万円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

旧規則パチンコ・パチスロ機の経過措置を変更した改正法が施行

2020/5/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年6月号

主な記事:

新型コロナ禍で各地のホールに休業要請 開店ホールも多く混乱
要請無視のホールにマスコミが殺到 業界へのバッシングが加熱

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.