人気アニメ「偽物語」の世界観をパチンコで表現

IMG_0251webサミーは2月20日、同社製パチスロ機としても採用されている人気同名アニメを採用したパチンコ機の新機種「パチンコCR偽物語」の内覧会を都内のショールームで開催した。

同社が「史上No.1級の作り込みで、原作アニメの世界観をパチンコ演出に昇華した」という新機種のスペックは、確変回数切りのST機(100回)となっている。

仕様は、大当り出玉やラウンド振り分け、大当り確率などが異なる2種類をラインナップ。そのうち大当り確率約1/299.3(高確率約1/95.8)の「299ver.」は、最大出玉が16R約2,016個、電チュー大当り時の80%が16Rと出玉の満足感が重視されている。

もう一方の「199ver.」は、大当り確率約1/199.8(高確率約1/95.8)で、最大出玉が16R約1,872個、電チュー大当り時の16R比率が51.2%と、遊びやすさが追求された設計だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

20180801_Player

パチンコ実機をオンラインで遊べる「nicohan」のベータ版が初公開

2018/12/28

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年1月号

2019-1
主な記事:

女性社員を対象にしたキャリアパスの複数化など昇進制度の柔軟な見直しを
ホール企業で拡がる女性管理職育成制度

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年12月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.