出玉が異なるノーマル機を2機種同時リリース

ヤーマ0116ヤーマは1月16日、ノーマルタイプの新機種「トラッド480」および「トラッド」の2機種を同時リリース。同日、都内上野のショールームでプレス発表会を開催した。

両機種の基本的なスペックは、ボーナス中心に出玉を獲得していくノーマルタイプ。ボーナスの獲得枚数別に2タイプが用意されており、黒い筐体カラーが特徴的な「トラッド480」は、スーパーBBが純増416枚、ノーマルBBが同312枚、RBが同104枚と、ボーナス獲得枚数に比重が置かれた仕様となっている。それに対し、赤い筐体カラーが目立つ「トラッド」のボーナス獲得枚数は、BBが同312枚、RBが同104枚ながら、ボーナス合算1/159.1(設定1)と、当りやすさが重視された設計だ。

また、両機種に共通して、MAXBET機能を併せ持つレバーと、スムーズに操作できる停止ボタンが特徴の「新ベンリーシステム」が装備されているほか、リールが再始動し、ボーナスを告知する演出「リムーブシステム」が搭載されている。ランプなどを活用した分かりやすいボーナスの告知演出も特徴の一つだ。

同社の徳山誠祐社長(写真・左から2人目)は、「厳しい市場環境のなか、一度辞めたプレイヤーに戻ってきてもらうだけでなく、新規ファンの獲得にもノーマルタイプは必要だ。今回の新機種は、社内で実施した厳しい試射試験に合格した機械で、自信をもって発表できる」と新機種の仕上がりに自信を示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年6月号

主な記事:

新規則機への移行に向けた「最後の猶予措置」
旧規則機取扱いの21世紀会決議を改定 厳しい市場環境受け設置期限を延長

「遊技通信」1500号記念 通刊第15号(昭和27年2月25日号)再録

日本有数のビジネス街と観光地「新橋」「銀座・有楽町」「浅草」の変遷

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
オーイズミ 大泉政治代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.