北斗最新作のテーマは、王道の「継承」と「進化」

hokutoweb

フォトセッションに臨む、左から星野歩取締役研究開発本部長、青木茂社長COO、杉原杏璃さん、熊谷俊己取締役営業本部長

サミーは7月13日、都内中央区の時事通信ホールで人気タイトル「北斗の拳」シリーズ最新作となる「パチスロ北斗の拳 強敵」をプレス発表した。

専用筐体「救世主(メシア)」を採用した新機種の開発コンセプトは、王道の「継承」と「進化」。パチスロ史上最大のヒット機種となった初代の基本的なゲームフローを引き継ぎながら、新たなゲーム性を多数搭載した。これにより、現役パチスロユーザーに対する訴求はもちろん、北斗シリーズをプレイしたことがあるが、現在はパチスロから離れているスリープユーザー層の回帰を狙う構えだ。

スペックは、1ゲーム純増約2.8枚、差枚数管理型となるAT主体で出玉を獲得していく仕様。演出成功、バトル勝利でAT突入・継続という、過去に北斗の拳シリーズで遊んだことのあるプレイヤーが、違和感なく復帰できるよう「触りやすく、安心してもらえる」(同社取締役・星野歩研究開発本部長)ゲームフローで設計されている。

さらに、新たなゲーム性として、今作では「ひでぶ」ポイントを採用。同ポイントを貯めた数だけ、AT発動に対する期待感が高まる仕組みだ。また「北斗図柄」揃いで発動する上乗せ特化ゾーンでは、ラオウ、トキ、ケンシロウの3兄弟が上乗せ演出を展開。同シリーズファン垂涎の演出も新たに盛り込まれている。

挨拶した同社の青木茂社長COOは、「どんな環境でも市場を活性化させる製品を供給することに日々努力をしている。今作は前作を超える最高の製品に仕上がった。初代のゲーム性を継承しつつ、新規性を盛り込んだ。現時点で最高の仕様だと自負している」と新機種の仕上がりに自信を示した。

また当日は、タレントの杉原杏璃さんがトークショーに登場。これまでの北斗シリーズでも遊んできたという杉原さんは新機種について、「北斗の拳は期待を裏切らない。ぜひホールに足を運んで欲しい。私も新しい演出がどれくらいあるのか気になるので、時間をかけてホールで打ってみたい」とピーアールした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.