北電子、通常ゾーン短縮機能搭載のART機をリリース

おとめ妖怪ざくろ

都内のショールームで行われた内覧会の様子

北電子は3月25日、パチスロ機の新機種「おとめ妖怪ざくろ」の内覧会を都内東上野のショールームで開催した。

TV放映された人気コミックをモチーフとした新機種は、ゲーム数解除を主な突入契機とする1ゲーム純増約2.2枚のART「妖々RUSH」を搭載。ゲーム数の上乗せや、セット数ストックによって出玉の瞬発力を発揮する仕様になっている。

ゲーム性のポイントは、ゲーム数解除の期待感を高める「ざくろシステム」だ。これは、ART突入の期待が高まるゲーム数解除の高確および通常ゾーンのうち、レア役当選を契機に通常ゾーンのゲーム数だけを短縮するというシステム。止め時がはっきりしがちなゲーム数解除システムのマイナス部分を補い、稼動をけん引する役割を果たしている。

ARTは、基本1セット30〜300ゲーム継続となるが、上位ARTへの昇格チャンスも盛り込まれている。昇格後のARTとなる「妖々RUSH・鬼」は、1セット50ゲーム+α継続し、ゲーム数の上乗せと、セット数ストックの期待感が上昇する。

さらに、「妖々RUSH・鬼」中のチャンス役を契機に発動する10ゲーム固定のチャンスゾーン「妖艶乱舞」は、ゲーム数の上乗せ特化ゾーン突入に向けた自力感を創出。ARTの減算がストップするこの10ゲームの間に、BARの押し順に正解すれば、ゲーム数の上乗せ特化ゾーン「覚醒」が発動する仕組みだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:円 (本体:円)
発売日:

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.