大一が4年ぶりとなる「ひぐらしのなく頃に」シリーズ第二弾機を発表

%e5%a4%a7%e4%b8%80%e3%81%b2%e3%81%8f%e3%82%99%e3%82%89%e3%81%97%e5%8f%ab1大一商会は5月19日、都内港区のスターライズタワーで「CRひぐらしのなく頃に 叫」の発表会を開催した。

2013年にリリースされた「CRひぐらしのなく頃に頂」から4年ぶりとなるシリーズ第二弾機で、開発コンセプトは「非日常的な刺激の供給」と「勝てるイメージが持てるスペック」。大当り確率1/319、確変突入率52%、確変継続率65%のV-STタイプで、初当り時の出玉約1,350個に加えて100回の時短が保証されているほか、右打ち中の大当りは、16R確変の割合が88%に設定されているのも大きな特徴となっている。

主催者を代表して挨拶した大一販売営業本部執行役員の藤井美宏本部長は、「日常で抱えているストレスをパチンコを通して発散してもらうために、非日常的な刺激を供給し、適度な射幸性の範囲内で遊べるイメージが持てるスペックに仕上がっている」と語った。

発表会には、朝の情報番組などでおなじみのテレビリポーター、阿部祐二さんが登場。場内に設けられたアトラクションをレポートしたほか、「パチンコはご無沙汰だが、今日体験した恐怖を再度体験するために、ホールで『CRひぐらしのなく頃に 叫』を打ってみたい」と感想を述べた。

会場では、プレス関係者をはじめ抽選で選ばれた一般ファンも参加した「VRひぐらしのなく頃に現(うつつ)」の体験会も行われた。

%e5%a4%a7%e4%b8%80%e3%81%b2%e3%81%8f%e3%82%99%e3%82%89%e3%81%97%e5%8f%ab2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

機構検査に備え「検定通知書」「認定通知書」の写しの常備を求める

2020/9/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年9月号

主な記事:

拡大する第2波の影響も適正な対応で被害は最小限に抑止
拡がり始めた従業員の感染 大手ホール中心に確認相次ぐ

2019年度パチンコ・パチスロ依存問題対策実施状況報告書

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.