大一商会が「CRバイオハザード0」を発表

大一バイオネット用大一商会は3月19日、都内港区のTABLOIDで「CRバイオハザード0」のプレス発表会を開催した。
 
全世界で累計6,200万本を出荷(2014年12月31日現在)したサバイバルホラーゲーム「バイオハザード」シリーズとのタイアップ第2弾機。いつクリーチャー(敵)と出くわすか分からない原作ゲームの緊迫感を、いつでも大当りが期待できるゲーム性に落とし込んだ。スペックは大当り確率約1/392.43、V確STを採用しており、RUSH突入率は64%、ST130回転の継続率は約82%を誇る。
 
初当り後と、16R大当りを引き当てた後で変動秒数などが異なる2つのRUSHを用意した「Dual VーRUSH ST」を搭載。初当り後はドキドキ感を演出し、一定の出玉を確保した後は爽快感を強調している。
 
冒頭では営業本部 執行役員本部長の藤井美宏氏が登壇。「前作の続編ではなく全く新しい機種」と強調し、「気持ちよさと心配が混在する確変中の時間を、バイオハザードシリーズの世界観とマッチングさせた仕上がり」などと新機種への自信を示した。
 
また、会場には応援スペシャルゲストとしてグラビアアイドルの紗綾さんが登場。「GW明けに登場するので是非楽しんで欲しい」などと新機種をアピールした。

 ©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. ©Daiichi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

高射幸性機の自主規制問題で混乱 全日遊連が情報管理の徹底を要請

2019/10/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年10月号

2019-10
主な記事:

入替対象は年末までにおよそ20万台、6号機市場移行への試金石に
確実視される売上の減少 旧規則パチスロ機の撤去本格化へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.