大一商会が「CRパチンコおそ松さん」の機種発表会

img_7800大一商会は1月25日、都内上野の大一販売東京支社で「CRパチンコおそ松さん」の機種発表会を開催した。

同機は昨年の12月にディ・ライト社製の「パチスロおそ松さん」とあわせたプレス発表会を開催していたが、販売するシリーズ機などの詳細が決定したことを受けて改めて機種説明を行った。

シリーズ機は大当り確率約1/199.8、ST50回転、ST継続率約60.6%の「199」、大当り確率約1/99.9、ST8回転、ST継続率約42%、時短32or72回転の「99」の2タイプをラインナップした。

機種プレゼンテーションでは、3つのリールが独立して回転することで生まれる従来のドラム機にはないアクションや、人気声優がアフレコした6つ子の掛け合いが長く続くほど期待度が高まる演出構成など、分かりやすさと原作ファンの取り込みを狙えるゲーム性がアピールされた。

当日は原作をモチーフにしたスマホゲーム「おそ松さんぽ」が2月にリリースされることも報告。位置情報システムを利用して6つ子を探しだすゲームで、同機の導入店が6つ子が出現するスポットとなる予定だという。

このほか、「CRスーパーマン~Limit・Break~」の追加スペック「Sweet version」と、「CR天下一閃」の追加スペック「1200」のリリースも発表した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

21世紀会決議の違反行為に中古確認証紙の発給留保と通報・確認システム

2020/10/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年11月号

主な記事:

インターネット投票で伸張する公営競技のV字回復顕著に
新型コロナ禍が拍車を掛ける「パチンコひとり負け」の構図

仕様の周知や運用など様々な課題も浮き彫りに
遊タイム各仕様で出揃う 市場への普及急速拡大へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.