大都、ノーマル+RTの番長をリリース

IMG_0279web大都技研はこのほど、パチスロ機の新機種「押忍!番長A」およびパチンコ機の新機種「CR吉宗4天昇飛躍の極219ver.」をリリースし、都内のショールームでプレス関係者を対象とした試打会を実施した。

このうち、人気タイトルの最新作となるパチスロ機は、ボーナス主体のノーマル+RT機。ノーマルタイプながら、プチRTを活用することで、シリーズ機でお馴染みの前兆演出が創出されている。

簡単な技術介入性が盛り込まれたボーナスの出玉は、青7揃いが最大獲得304枚、白7揃いおよび異色7揃いが同260枚で、RBが同106枚。青7揃いには50ゲーム、白7揃いおよび異色7揃いには、20ゲームのRTが付随する。

一方のパチンコ機は、昨年発売された同名タイトルの、大当り確率1/219.9となるライトミドルバージョン。右打ち時大当りの50%で、2,025個の出玉を獲得できる瞬発力が特徴となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日11月理事会全景

全日遊連 高射幸性機の設置比率に関する自主規制を一部変更

2018/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.