大都、忍魂シリーズ3作目をリリース

img_8914web大都技研は4月13日、同社のオリジナルタイトルである忍魂シリーズ3作目となる「忍魂暁ノ章」のプレス向け試打会を都内京橋のショールームで行った。

初代のゲーム性を継承したという新機種のスペックは、ボーナス+ARTとなっている。1ゲーム純増約1.1枚、1セット50ゲーム+αとなるARTは、純増枚数を抑えた分、ゲーム数上乗せなどの連チャン性に比重が置かれている。

ARTの発動は、チャンス目出現時に行われる抽選によって決定。ART発動時の平均期待枚数は750枚超となっている。また、出目がチャンス目かどうだったかの判断を専用のボタンで毎ゲーム確認することも可能だ。

ボーナスの獲得枚数は、BBが203枚で、RBは56枚。高度な目押し力を要する技術介入性も盛り込まれ、成功時は、ART発動や上乗せなどの期待度が上昇する恩恵がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.