大都、技術介入性にこだわったノーマル機リリース

大都ウェブ0823大都技研はこのほど、パチスロ機の新機種「3×3EYES聖魔覚醒」をリリースし、プレス関係者に向けた試打会を都内京橋の同社ショールームで行った。

パチンコ機にも採用された同名人気マンガをモチーフとした新機種のスペックは、ボーナスのみでメダルを獲得していくノーマルタイプ。最大の特徴は、効果が高い技術介入性が盛り込まれている点だ。

同機は、「1」「2」「C」「5」「6」の5段階設定となっているが、そのなかでも、設定「C」と名付けられたモードでは、より技術介入効果が高い「チャレンジボーナス」が他の設定よりも頻繁に出現。ボーナス消化中に難易度の高い目押しに成功し続けることで、同設定での想定営業出玉率98.5%を、109.7%まで上昇させることが可能になるなど、打ち手の挑戦意欲をかきたてる仕様となっている。

ボーナスの獲得枚数は、BBが最大350枚(平均344枚)、チャレンジボーナスが最大112枚(同82枚)。また設定1でも、フル攻略することで出玉率100%超えを狙うことが可能だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.