大都がパチンコ「吉宗」などPS2機種をリリース

%e5%a4%a7%e9%83%bd%e5%90%89%e5%ae%97%e3%81%a8%e3%82%b1%e3%83%ad%e3%83%ad%e8%bb%8d%e6%9b%b9大都技研は5月24日、パチンコの新機種「CR吉宗 天昇飛躍の極」とパチスロの新機種「ケロロ軍曹」のプレス向け試打会を都内京橋のショールームで行った。

パチンコ「CR吉宗 天昇飛躍の極」は、大当り確率約1/319.7の混合機タイプ。初回大当りの60%で実質10Rの「極RUSH」に突入し、極RUSH中は2段階の大当り抽選が行われる。成功確率約60%の1stチャンスは大当り中に抽選が行われ、告知が発生すれば次回大当りが確定。この抽選に漏れた場合は2ndチャンスに突入し、1/6.2の抽選が5回行われる。2ndチャンスの成功率は約50%になっており、2つのチャンスによって大当りが継続する。また、初当りは約1,000発、右打ち中の大当りは約1,500発の出玉が獲得できる。

パチスロ「ケロロ軍曹」は、7年以上にわたって放送された同名人気アニメとのタイアップ機。スペックは純増約2.0枚のARTタイプで、通常時・ART中ともに登場キャラクターが士気を高めるために行う「共鳴」の獲得が重要なポイントとなる。「共鳴」の抽選は全小役で行われ、獲得数が増えていくことで通常時はCZの当選率、ART中はセット継続率がアップするシステムになっており、レア小役を引けなくても期待感のあるゲーム性を生み出している。

ARTは、継続G数30G+α(初回は40G+α)で、セット継続率は50%以上。初期ゲーム数は筐体上部に取り付けられた「ケロボールチャンス」で決定する。ARTの前半パート「共鳴タイム」では、全小役で共鳴を抽選し、後半パート「侵略タイム」では、共鳴数が多いほど継続期待度がアップする仕組みになっており、RTセット数を上乗せするセット数上乗せ特化ゾーンや共鳴獲得特化ゾーンも盛り込まれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.