大都技研が「政宗2」の試打会を実施

OLYMPUS DIGITAL CAMERA大都技研は7月27日、都内京橋の本社でパチスロ新機種「政宗2」の発表試打会を行った。

政宗シリーズ6年ぶり、第2弾となった新機種のゲーム性は、初代政宗を継承。「武将対決」や「秀吉猿舞」「隻眼ノ乱」など、戦国時代を舞台にした演出が大きな特徴だ。

スペックはART主体で出玉を増やす仕様になっており、ゲーム数上乗せなどでARTの瞬発力を創出。ARTの最大継続率は80%となるほか、青7揃い時の約1/3.5で大量(300G)上乗せが期待できる特化ゾーン「秀吉決戦」に突入する。

ARTは1セット50G+α。純増は約2.0枚。導入は8月7日からで、販売は1万台を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.