奥村遊機が破産、負債額は約71億5400万円

遊技機メーカーの奥村遊機が4月14日、名古屋地裁に自己破産を申請し、同日に破産手続き開始の決定を受けた。

 
民間調査機関によると、同社は1996年5月期には売上高335億7100万円を計上していたものの、2014年5月期には売上高が133億500万円にまで下落。2期連続で大幅な欠損計上を余儀なくされるなど苦しい資金繰りが続いていたという。今期に入ってからも回復はみられず、先行きの見通しが立たず事業継続を断念した。

 
負債額は2014年5月期末時点で約71億5,400万円だが、今後大きく膨らむ見通しだという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

日遊協とDMMで総合健康保険組合の設立へ

2018/9/18

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年9月号

2018-9
主な記事:

浸水被害は12店舗、水没したホールは未だ営業再開できず
西日本豪雨 ホールにも甚大な被害

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年8月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.