山佐、初代のゲーム性を継承した新台「パチスロ モンキーターンⅣ」を発表

山佐は2月18日、初代のゲーム性を継承したというパチスロ機の新台「パチスロ モンキーターンⅣ」のプレス機種説明会を都内港区のJ-SQUARE品川で開催した。

今作でシリーズ第4弾となる新機種は、初代のゲーム性を6号機で再現することを主眼に置いて開発されたAT機。ゲーム数管理、ゲーム数上乗せ、シナリオ管理継続システムといった、初代で人気を博した期待感を刺激するゲーム性を、6号機で実現した仕様がポイントだ。

ATは純増約2.7枚で、1セット40ゲーム+α継続。様々なシチュエーションで、ゲーム数の上乗せや特化ゾーン突入が期待できるほか、設定1でも期待値約1,500枚という上位ATも搭載されている。

ホール導入予定は5月11日から。


©河合克敏・小学館/モンキーターンプロジェクト ©YAMASA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

21世紀会決議の違反行為に中古確認証紙の発給留保と通報・確認システム

2020/10/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年11月号

主な記事:

インターネット投票で伸張する公営競技のV字回復顕著に
新型コロナ禍が拍車を掛ける「パチンコひとり負け」の構図

仕様の周知や運用など様々な課題も浮き彫りに
遊タイム各仕様で出揃う 市場への普及急速拡大へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.