山佐、初代のゲーム性を継承した新台「パチスロ モンキーターンⅣ」を発表

山佐は2月18日、初代のゲーム性を継承したというパチスロ機の新台「パチスロ モンキーターンⅣ」のプレス機種説明会を都内港区のJ-SQUARE品川で開催した。

今作でシリーズ第4弾となる新機種は、初代のゲーム性を6号機で再現することを主眼に置いて開発されたAT機。ゲーム数管理、ゲーム数上乗せ、シナリオ管理継続システムといった、初代で人気を博した期待感を刺激するゲーム性を、6号機で実現した仕様がポイントだ。

ATは純増約2.7枚で、1セット40ゲーム+α継続。様々なシチュエーションで、ゲーム数の上乗せや特化ゾーン突入が期待できるほか、設定1でも期待値約1,500枚という上位ATも搭載されている。

ホール導入予定は5月11日から。


©河合克敏・小学館/モンキーターンプロジェクト ©YAMASA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

保通協の型式試験、パチンコの適合率が今年最高水準に

2020/12/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年1月号

主な記事:

店舗の減少傾向に歯止めかからず寡占化や遊技人口の減少で「駅前1店舗」のエリアも
首都圏主要エリアの店舗推移

MIRAIが第1回経営勉強会
持続可能な産業をテーマに討論会

遊技通信創刊70周年記念対談・
株式会社オオキ建築事務所 大木啓幹社長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.