平和、ノーマルタイプに新機軸「不二子Type-A+」を発表

IMG_0228web平和は2月14日、ノーマルタイプに新たなゲーム性を搭載したパチスロ機の新機種「不二子Type-A+」(オリンピア製)およびパチンコ機の新機種「CRトキオスペシャル」(アムテックス製)の内覧会を都内上野の同社東京営業所ショールームで開催した。

同社の人気タイトルであるルパン三世シリーズをモチーフとしたパチスロ機最大の特徴は、RTが付加されたノーマルタイプをベースとした仕様ながら、出玉獲得の主軸となるBBに、数十枚単位で獲得枚数が変動するゲーム性を盛り込んだ点だ。

この同社が「A+」と呼ぶゲーム性のポイントは、BB消化中、告知演出に応じて逆押し+簡単な目押しといった技術介入性が必要になるものの、払出枚数に差が設けられたJACゲームの振り分けをはじめ、基本的にプレイヤーの運が獲得出玉を大きく左右する点だ。BBの獲得枚数は平均350枚となっているが、400枚超の獲得も期待できるという。

またBB以外のボーナスは、最大402枚+RT30ゲームのスーパーBBと、同103枚+RTチャレンジ1ゲームとなるRBを搭載。両ボーナスとも枚数調整程度の技術介入性が設けられている。

一方、パチンコ機は、1989年に発表された「ザ・トキオ」からはじまる人気シリーズの最新作。役物は、2012年発表の「CRAトキオデラックス」を基本的に継承しつつ一部を進化。大当り中の安定した出玉獲得を実現するアタッカーをはじめて搭載したほか、大当りの期待感を高める可動リフトを役物内に設置するなど、新たな遊技性が提案されている。

大当りラウンドは3、7、16の3種類で、それぞれの出玉は160個、480個、1,200個。振り分け比率は1:1:1となっている。
IMG_0236web

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

旧規則パチンコ・パチスロ機の経過措置を変更した改正法が施行

2020/5/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年6月号

主な記事:

新型コロナ禍で各地のホールに休業要請 開店ホールも多く混乱
要請無視のホールにマスコミが殺到 業界へのバッシングが加熱

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.