平和、パチスロでルパンシリーズ最新作を発表

IMG_6958平和は6月1日、パチスロ機の新機種「ルパン三世〜消されたルパン〜」の展示会を都内のショールームで開催した。

2014年にパチンコ機として発売され、大ヒットした同名タイトルをパチスロ機でリバイバルした今回の新機種は、1ゲーム純増約2.0枚のARTで出玉を獲得していく仕様。ARTは主に、約35ゲーム継続する疑似ボーナス「ルパンボーナス」と、約40ゲーム継続の「ゴールデンタイム」によって構成され、うち後者は、約80%でループする仕組みだ。

液晶上の数字が揃えば大当り、というパチンコさながらの分かりやすい演出構成も特徴の一つになっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

日遊協とDMMで総合健康保険組合の設立へ

2018/9/18

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年9月号

2018-9
主な記事:

浸水被害は12店舗、水没したホールは未だ営業再開できず
西日本豪雨 ホールにも甚大な被害

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年8月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.