平和がSUPER小当りRUSH搭載機を発表

IMG_0002平和は2月9日、東京営業所ショールームでパチンコ新機種「CR逆転裁判」、パチスロ新機種「南国物語」(オリンピア製)の展示会を開催した。
 
「CR逆転裁判」は、同名人気ゲームとのタイアップ機で大当り確率は1/249.2。V確STを採用し、突入率は51%、ST80回転の継続率は約70.7%、右打ち中は50%が出玉約1,576個の実質12R大当りとなる。
 
最大の特徴はSUPER小当りRUSHの搭載で、右打ち中の約1/1で発生し、小当り1回で賞球12個のアタッカーに平均約1.9個入賞。ST80回転を消化すると、約1,500個の出玉増加が期待できる。従来のSTはできるだけ早く大当りを引いたほうがいいのだが、同機ではST終了間際に大当りを引くのが最も多い出玉を獲得できるケースということになる。もちろん、ST中に大当りを引かないと継続しないので、「大当りして継続させたいが、できればST終了直前がいい」という今までにない微妙な心理をファンに引き起こすゲーム性となっている。
 
一方、「南国物語」は1ゲームあたりの純増2.9枚の疑似ボーナスで出玉を増やすタイプで、ボーナスはAT70G+αの「BIG」と、AT20Gの「REG」の2種類。初当りのメインはREGで、消化後には32Gのボーナス高確率状態「ときめきゾーン」に突入し、さらにここでボーナスを引くと、同じく32Gで継続率約80%の「蝶ときめきゾーン」に突入する。また、ボーナス消化中、全役でストック抽選を行うゴールドセブン、BIGの一部でゲーム数がカウントアップしていくドリームカウントアップ、毎ゲーム約1/4でBIGをストックする超REGなど、大量出玉獲得のトリガーとなる機能も搭載している。
 
heiwa権利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

1月のホール企業採用熱、5カ月ぶりに平均値を下回る

2020/2/17

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年2月号

主な記事:

旧規則機撤去後を見据えた動きも徐々に活発化
大型連休になった年末年始商戦 PSともに今年も稼動が続落

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年1月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.