廃病院でTAKASAGO製パチスロ新機種「サイレントヒル」を発表

サイレントwebKPE・高砂販売は8月4日、全世界で880万本の販売実績を持つ人気ホラーゲームをモチーフとしたTAKASAGO製パチスロ機の新機種「サイレントヒル」のプレス発表会を、心霊現象が多発するという都内某所の廃病院で行った。

専用筐体となる新機種は、同社が強みとする高純増ATを実現する技術「アクセルAT」を採用。1ゲーム純増3.0枚、1セット50ゲーム+αのATが搭載され、複数のゲーム数上乗せ特化ゾーンで連チャン性が創出されている。

ゲーム性は、原作の世界観を活かした演出をベースに構成され、液晶や可動役物が表現する恐怖が増すほど期待感も上昇するという仕組みだ。

冒頭に挨拶したKPE・高砂販売の木曽原和之社長は新機種について、「アクセルATの最終形。純増3枚の出玉感を味わってもらえる」とピーアールした。

発表会後には試打会を実施。プレス関係者には、懐中電灯と地図が手渡され、各媒体ごとに指定された試打機を探しながら廃病院内を歩きまわるという、原作ゲームさながらの恐怖の試練が与えられた。

病院ウェブ

発表会が行われた都内某所の廃病院

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年2月号

主な記事:

巨大ターミナル駅を舞台に展開された局地戦
首都圏随一の激戦区 池袋・渋谷・新宿の変遷

全日遊連が「依存対策実施状況調査」まとめる
依存対策実施率は高水準推移 今後の課題は周知活動

遊技通信創刊70周年記念対談・
グローリーナスカ株式会社 井寄義孝社長

インタビュー/矢野経済研究所主任研究員 高橋羊氏・青山財産ネットワークス取締役 島根伸治氏
コロナ後を先読みしたグループ店舗戦略と縮小マーケットにおける財産保全

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年1月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.