押忍番長の最新作は「ベル」がポイントに

img_8778大都技研はこのほど、同社の看板タイトル最新作となるパチスロ機の新機種「押忍!番長3」の発表に伴うプレス向けの試打会を、都内の同社ショールームで開催した。

基本的なゲームフローは前作を踏襲しつつも、ゲーム数およびゾーンといった打ち手の期待感を刺激するシステムを、メイン小役である「ベル」に集約。ベル成立の数が増加するほど、ART発動のチャンスが広がるゲーム性に仕上げた。

スペックは、ART主体で出玉を増やしていく仕様。セット数管理型となるARTは、1セット40ゲーム、1ゲーム純増は約2.0枚。擬似ボーナスとなる「番長ボーナス」は1セット50ゲーム継続する。セット数の上乗せ特化ゾーンも搭載した。

演出では、お馴染みのキャラクターらが出演。バトミントンやめんこなど、すべてが新種目となった対決演出をはじめ、登場する化石の大きさが期待度とリンクする特訓演出といった、これまでのゲーム性を引き継ぎながら、新たな液晶描写が多数盛り込まれている点も見所だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.