新規パチスロメーカーのボーダーが初号機「鬼若弁慶」発表

img_9670web昨年8月に設立された新規パチスロメーカーの株式会社ボーダーは10月17日、市場参入初号機となる「鬼若弁慶」の新機種発表会を、都内神田の同社本社で開催した。

軍記物語の「義経記」などで知られる弁慶の世界観を、筐体デザインやサウンドで表現した新機種は、ボーナスで出玉を増やすシンプルなノーマルタイプ。BBで約307枚、RBで約102枚が獲得可能だ。

主な特徴は、RB当選時に発生するオートストップ機能の搭載。これによって図柄が自動的に揃うため、目押しが不要になっている。

また、弁慶の顔が描かれた右リール図柄が、中パネルと一体化することでBB確定目となるなど、出目の見せ方にも工夫が凝らされている。演出は、発生頻度別に3つのモードが盛り込まれており、プレイヤー自らが選択可能だ。

同社では今後も、同機のような和風テイストを織り込んだモチーフをベースに新機種開発を進めていく方針だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

SIS2018発表会

ダイコク電機「DK-SIS白書2018」 業界総粗利は3兆円割れ

2018/7/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年7月号

2018-7
主な記事:

有識者、関係者間での異なるスタンス 業界の方向性にも影響
「関係者会議」盛り込み依存症対策法が衆院通過

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.