新試験対応の第1号機は、純増約2.9枚のAT機

平和は1月20日、都内のショールームで、パチスロ機の新機種「麻雀物語3 役満乱舞の究極対戦」(オリンピア製)の発表展示会を開催した。昨年9月16日以降から実施されている保通協の新試験方式に対応したパチスロ機の初お披露目ということもあり、多数の関係者がショールームに詰めかけ、関心の高さを窺わせていた。

新機種は、1ゲーム純増約2.9枚のATを搭載したスペック。1000円あたりのベースが47.4ゲームと高めになっていることに伴い、ATの初当り確率が比較的遠い設計(1/530.2〜1/292.7)だが、AT当選後は、既存AT機と遜色ない瞬発力を有した出玉感が特徴だ。

差枚数管理されたATは、主に直接当選およびチャンスゾーンを経て発動。初当り時に、獲得枚数の上乗せゲームを経由して初期枚数が決定されるという仕組み。さらにATは、様々な演出で表現される複数の上乗せ特化ゾーンによって、連チャン性が発揮される仕様になっている。

 平和0120

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連、九州地方の記録的豪雨でメーカー団体に配慮の要請

2020/7/7

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年7月号

主な記事:

附則改正で経過措置期間が延長 異例づくめのコロナ対応
長期化する休業要請で揺れた都遊協の苦悩と決断
上場メーカーの決算出揃うも業績見通し示せず
感染防止対策の徹底を要請、実効性は店舗間で温度差も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年6月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.