日工組、パチンコの確変継続率65%内規を削除

日工組は10月25日、パチンコ機の確変継続率を最高でも65%とする内規を削除した。保通協への型式試験持ち込みは11月12日から、ホール導入は最速で来年の2月からとなる。

規則で定められている出玉総量に変化はないため、射幸性は同等。ただ同じ出玉でも、これまでより、大当りを小刻みに出現させるようなゲーム性などが確変タイプで実現できるようになる。

その一方で関係者は、「出玉規制が緩和されるわけではないので、これを利用して射幸心をそそるような事態には注意を払う必要がある。誤解を招かないようにしなければならない」とするなど、あたかも出玉の総量が増えるようなイメージが拡がることに懸念を示す声もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

みんなのパチンコ

日工組が「みんなのパチンコフェス」の開催を発表、「連れパチ」テーマに来年2月秋葉原で

2018/12/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年1月号

2019-1
主な記事:

女性社員を対象にしたキャリアパスの複数化など昇進制度の柔軟な見直しを
ホール企業で拡がる女性管理職育成制度

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年12月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.