日工組新内規、必要最低限の改訂に留める

日工組は昨年までに、新規則パチンコ機の開発に向けたレギュレーションを整えた。

遊技機規則、解釈運用基準、そして今回の技術上の規格解釈基準の改正を受けた日工組では、並行して進めていた内規の改訂作業を12月中に終わらせ、小当たりラッシュの期待値を2,400個から1,500個に引き下げたほか、継続率65%以上のリミッタタイプの最大出玉を7,200個未満から6,000個未満に抑えることを決めた。また、一般電役の総量は4,800個から4,500個に少しだけ引き下げている。
 
初当たり確率や確変割合などには変更はなく、規則改正によって最大出玉数が2,400個から1,500個に引き下げられたことを受けた変更に留まっているが、これは先行してこの数年来、内規の変更を繰り返して射幸性の抑制を図ってきたことを考えての措置と思われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年1月号

主な記事:

店舗の減少傾向に歯止めかからず寡占化や遊技人口の減少で「駅前1店舗」のエリアも
首都圏主要エリアの店舗推移

MIRAIが第1回経営勉強会
持続可能な産業をテーマに討論会

遊技通信創刊70周年記念対談・
株式会社オオキ建築事務所 大木啓幹社長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.