藤商事が「お仕置きシリーズ」の最新作

IMG_7337藤商事は10月8日、都内上野の東京支店で「CR怨み屋本舗」のプレス発表会を開催した。

モチーフは現在も連載中のマンガ「怨み屋本舗」。怨み屋と呼ばれる主人公が、法で裁けない怨みを依頼人に代わって晴らすストーリーで、「CR地獄少女」に続く「お仕置きシリーズ」の最新作と位置づけている。冒頭で挨拶した営業本部の中村敏幸副本部長は「プレイヤーの方々に感情移入して頂ける内容に仕上がった。日頃のストレスを依頼人の怨みに重ね、同機で解消して頂きたい」と語った。

スペックは大当り確率1/319のV確STで、ST140回転の突入率は51%、継続率約77%となっている。右打ち中は大当りの69%が出玉約1,872個の16R大当りとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.