藤商事が増収増益の通期決算

藤商事は5月8日、平成27年度3月期の通期決算を発表した。
 
平成26年4月〜平成27年3月の売上高は前期比34.2%増の561億5,100万円、営業利益は同87.7%増の79億3,600万円、経常利益は同86.7%増の79億4,900万円、当期純利益は同76%増の48億1,200万円で、増収増益の決算となった。
 
遊技機の販売台数はパチンコ機が前年同期比11.7%減となる11万5,000台で、パチスロ機は同748.4%増の4万4,000台。パチンコでは「CRリング 呪いの7日間」が計画通りの販売台数を確保し、「他の機種は厳しい商戦を強いられた」としたものの落ち込みを抑え、パチスロの大幅増を上積みしたことが増収増益に繋がった。
 
次期の業績予想は売上高486億円、営業利益65億円、経常利益65億円、当期純利益40億円。規制関連を含む不安定な機械環境を受けて、減収減益の決算となる見通しを示している。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年2月号

主な記事:

巨大ターミナル駅を舞台に展開された局地戦
首都圏随一の激戦区 池袋・渋谷・新宿の変遷

全日遊連が「依存対策実施状況調査」まとめる
依存対策実施率は高水準推移 今後の課題は周知活動

遊技通信創刊70周年記念対談・
グローリーナスカ株式会社 井寄義孝社長

インタビュー/矢野経済研究所主任研究員 高橋羊氏・青山財産ネットワークス取締役 島根伸治氏
コロナ後を先読みしたグループ店舗戦略と縮小マーケットにおける財産保全

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年1月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.