西陣がハネ物と小当りRUSH機を発表

西陣は9月29日、都内上野の東京ショールームで「CRAヘブンブリッジDX2」と「CR交響詩篇エウレカセブン~真の約束の地~アネモネVer.」の展示会を開催した。

「CRAヘブンブリッジDX2」は95年に発表された人気ハネ物タイトルのリメイク機。ハネに拾われた玉がシーソー型の役物で振り分けられ、右の天国ルートに流れた場合のみにV入賞の可能性があるゲーム性は継承されている。大当りは出玉約360個の5R、同約720個の9R、同約1,350個の16Rという3種類。振り分け率は5Rが25%、9Rが50%、16Rが25%。

一方の「CR交響詩篇エウレカセブン~真の約束の地~アネモネVer.」はいわゆる小当りRUSHを搭載した甘デジタイプで大当り確率1/99.9、ST50回転、継続率約62.7%。右打ちとなるST「Boost Rush」中は小当りが頻発し、1回転当り約8.3個の出玉増加が見込め、50回転消化時の出玉は約415個。

通常のST機の場合、ST突入後には早く大当りするに越したことはないが、同機ではST終了直前に大当りを当てるのが最も多くの出玉を獲得できる展開となるため、「ST中に大当りして欲しいが、できれば終了直前がいい」という今までにないユーザー心理を喚起できるゲーム性となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.