豊丸が3回権利物「ドンキホーテ2」の後継機を発表

%e8%b1%8a%e4%b8%b8%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%86豊丸産業は6月3日、都内上野の東京営業所で「CRドンキホーテ」のプレス向け説明会を開催した。

1995年に発表された3回権利物「ドンキホーテ2」の後継機で、「一度16ラウンドを獲得すればその後の権利終了まで16ラウンドが続く」という前作のゲーム性が再現されている。また、前作は3回権利中(確変中)に電サポがなかったため、次の大当りが発生するまでに獲得出玉が減少してしまったが、本機は電サポに加えて確変中の「小当り」を搭載したことで出玉を減らすことなく確変を消化できる。さらに、次回16ラウンド確定となる昇格演出も搭載しており、常に期待感を持って遊技できるのも大きな特徴だ。

液晶演出は3つのモードを搭載。初代の演出を踏襲した「ベーシックモード」、連続予告や先読み予告などの多彩な演出を楽しめる「バラエティモード」、一発告知の「マニアックモード」をプレイヤーが自由に選べるようになっている。

スペックは、大当り確率1/229.9の「CRドンキホーテ 229L」と同1/159.8の「CRドンキホーテ 159S」の2タイプをラインナップしている。

説明会では同社営業本部の宇中あかり氏による機種プレゼンテーションのほか、コンパニオンによるフォトセッションが行われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

旧規則パチンコ・パチスロ機の経過措置を変更した改正法が施行

2020/5/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年6月号

主な記事:

新型コロナ禍で各地のホールに休業要請 開店ホールも多く混乱
要請無視のホールにマスコミが殺到 業界へのバッシングが加熱

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.