豊丸産業が「CRデラマイッタ3rd」のプレス説明会

IMG_6974豊丸産業は6月6日、都内上野の東京営業所で「CRデラマイッタ3rd」のプレス説明会を開催した。1998年に初代機、2005年に第二弾機が登場した「デラマイッタ」の第三弾機。約10年振りに最新機種の登場となった。

デラマイッタの代名詞となっている巨大7セグはシリーズ最大の大きさを誇る「ジャンボ7セグ」として搭載。また、3桁7セグ部分が回転し「FIRE」の文字があらわれる「FIREギミック」やパトライトも搭載されており、7セグによるテンポ感溢れる分かりやすい演出とギミックアクションによる多彩な演出を両立している。

シリーズ機は大当り確率1/199.8、確変突入率30%、60回転のST継続率約62%の「199R」と、大当り確率1/99.9、確変突入率5%、60回転のST継続率約62.2%の「99V」の2タイプとなっている。

シリーズ機によって異なるが、初当り時に確変告知を行わず、60回転の「大予言タイム」+40回転の「デラックスタイム」からなる計100回転の「DeRUSH」に突入するのが特徴。「大予言タイム」では1回転ごとにジャンボ7セグの点灯部分が増えていき、60回転で1週するのが基本だが、突入時に複数ヵ所が黄色く光り、期待度が高まるポイントをあらかじめ予言するというゲーム性になっている。

初当りで確変に当選していた場合は、大予言タイムの60回転はSTとなり、最も大当りが期待できることになるが、その60回転を効果的に演出する。一方、後半の40回転「デラックスタイム」では消化のスピード感を重視。連続テンパイで期待度が高まるゲーム性となっている。また、初当り後の「DeRUSH」で大当りを引き戻した場合はST突入が確定するため、次回以降の大予言タイムは必ずSTということになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.