餃子の王将最新作が登場

IMG_6282豊丸産業は9月9日、都内上野の東京営業所で「CR餃子の王将3」のプレス説明会を開催した。

異色のタイアップとして話題を呼んだ「餃子の王将」シリーズの最新作が登場。「飛び込み口に玉を入賞させ、役物内の始動口への入賞で図柄が回転」「大当りはワンセットタイプ」「ワンセット消化後は保留玉4個で連続大当りを狙う」といったゲーム性は継承しながら、今作では盤面構成を変更した。

飛び込み口を従来の盤面上部から、セブン機のヘソ入賞口と同程度の位置に変更して親しみやすさを強調。役物はその分下になり、役物内の玉の動きが見やすくなっている。また、役物内にはシリーズで初となるVIPルートを搭載。始動口への入賞パターンが増えた。

シリーズ機は大当り確率1/35.8、大当り63回ワンセットで出玉約7,560個、おかわりタイム(保留玉4個)中の大当り期待度約10.7%の「メガ盛り7000」。大当り確率1/26.4、大当り58回ワンセットで出玉約5,220個、おかわりタイム中の大当り期待度約14.3%の「大盛5000」。

大当り確率1/13.8、大当り25回ワンセットで出玉約2,025個、おかわりタイム中の大当り期待度約25.9%の「凄盛2000」。大当り確率1/8.3、大当り10回ワンセットで出玉約644個、おかわりタイム中の大当り期待度約40.1%の「おすすめ600」の4タイプをラインナップした。

「凄盛2000」と「おすすめ600」には始動口の両脇に一般入賞口を設置し、ベースの引き上げを図っている。

会場には実機の収録曲を歌う「スペシャオ餃子BAND」が登場。フォトセッションに参加するなど新機種をアピールした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日11月理事会全景

全日遊連 高射幸性機の設置比率に関する自主規制を一部変更

2018/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.