高い連チャン性が魅力のART機

IMG_4700

新規種とのフォトセッションに応じる同社の外山公一社長(右から3人目)と上野和司営業本部長(同4人目)

SNKプレイモアは8月17日、都内上野のパセラリゾーツ上野公園前店でパチスロ機の新機種「ビーストバスターズ」をプレス発表した。

1989年発売のガンシューティングゲームをモチーフとした新機種は、ボーナスと1ゲーム純増約1.4枚となるARTが連動して出玉を獲得するスペック。継続率89%〜99%という高い連チャン性を有したARTを搭載している点が最大の特徴だ。

その連チャン性を創出しているのが、「バレット」と呼ばれるポイントの概念。通常時では、このバレットを獲得するほどART発動の期待感が上昇し、ART中ではその所持数が継続率上昇に繋がるというゲーム性になっている。またバレット獲得の特化ゾーンも搭載されている。

ボーナスは、出玉やバレット獲得数別に4タイプが用意され、獲得枚数はそれぞれ、304枚、200枚、108枚、48枚。そのうち、バー揃いで発動するプレミアボーナスは、ボーナスを消化する間に平均13個のバレットが獲得でき、ボーナス後のARTを含め2,000枚超の期待枚数があるという。

発表会で外山公一社長は、「新機種は、可動役物を搭載した専用筐体を採用し、ゲーム性も新しいものにチャレンジした。期待感と安心感が持てる仕様になっている」と新機種を紹介した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.