高尾が独自のゲーム性搭載した「CRダークフォース」を披露

ダークフォース筐体高尾は3月30日、都内港区のV2TOKYO(ヴィースクウェア東京)で開催したプレス懇親会において、6月以降に市場導入を予定している新機種「CRダークフォース」をお披露目した。

「CRダークフォース」は、これまでにない独自のゲーム性を搭載した同社オリジナルのノンタイアップ機。当日はシステムの詳細は明らかにされなかったものの、おおまかなゲームフローと、ゲーム性のカギを握る「フォースチャンス」及び、出玉増加を担う「フォースRUSH」の概要が説明された。

大当りまでの流れは、まず盤面中央のスルーに玉を通すと図柄が回転。スルーの通過率が高く、高速変動にも関わらず常に図柄が回転し続けるのが特徴で、これを「全力全開抽選」と銘打っている。スルーに玉が通ると、円形に配置された計10個の7セグが随時回転し、このうち3つの図柄が揃うと「フォースチャンス」に突入する。突入時にはアタッカーの形状をした電チューが開放。玉を入賞させると、5回転の大当り抽選を受けることができる。大当り確率は1/19.2で、5回転で大当りすれば「フォースRUSH」に突入する。フォースチャンスの成功率は23.4%。

フォースRUSHは50回転+αで、RUSH中に大当りを引き戻せば継続となる。大当りは出玉約90個で実質2Rとなる「レギュラーボーナス」、出玉約315個で実質7Rとなる「ビッグボーナス」、出玉約630個で実質14Rとなる「スーパービッグボーナス」の3種類。RUSH中も高速変動となり、大当り間が平均約12秒というスピード感を実現した。

RUSH終了時には「LAST CHANCE」に突入し、電チューが1回開放。5回転の抽選を受けることができ、大当りを引き戻すとRUSHに再突入する。LAST CHANCEの成功率は23.4%。

懇親会の会場には同機の試打機が設置され、プレス関係者が熱心に試打する姿が見られたほか、同機を使った早当て大会も開催された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

10月のホール企業採用熱、過去5年の同月比で一番高い数値に

2019/11/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.